ブログ

社長の座る場所①

霊視、カウンセリング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「御社のお客様の大半は、一旦はお店に入ってこられますが、

お話だけをお聞きになり、30分以上は滞在されないのではないですか?」

 

 

 

 

「大きな契約が成立し、大きな増収があった途端、思わぬ出費や

経費がかさみ、なかなか利益の増加につながっていかないのではないですか?」

 

 

「御社の広報部は、常に原稿入稿締め日ギリギリに仕上げ、

常に期限ギリギリの状態で仕事をしていませんか?」

 

 

「社員全体がピリピリとし、かつ、殺伐とした状態になっていませんか?」

 

 

 

ある会社を企業カウンセリングさせて頂いた時のお話です。

 

 

社長室、専務室、営業部、広報部、経理部、接客カウンター、
お客様窓口がすべて同じフロアにあるオフィス。

 

 

独立後開業して3年、ご依頼頂いた社長は30代。

新築3年のまだ新しいオフィスでした。

 

 

ワンフロアに全部署が同席するオフィスは、

それぞれの部署の配置はとても重要かつ、慎重に行わなければなりません。

 

 

社長であるリーダーの席、第1線で活躍する営業部の配置、

直接お客様と接する接客カウンターの位置とデザインは、

来客数に大きく影響します。

 

 

それら配置が、それぞれ適正な場所、エリアに配置され、

それぞれの担当スタッフが、心地よく快適にかつ、業績アップと

モチベーションの向上につながる様、オフィス全体の気を読み、

これまで培ってきたコンサルティング経験とともに

業績アップと会社の利益向上へと発展していく様、

お手伝いさせて頂いております。

 

 

 

続く・・・

 

 

このサイトを広める