ブログ

『読心力 ①』

幼い頃から私は、

人の目の動きや、表情、身振り手振りやしぐさ、

声の大きさなど、話をする時の様子を、

とても興味を持って視ている子供でした。

 

「人が話す言葉の意味と、

その話をしている人の心が、実際には違う」

 

と言う事を、わずか5歳の時にすでに知っていました。

なぜ、5歳だったと記憶しているの?

不思議に思われると思います。

なぜなら、

 

「人の話す言葉と、その心が違う」 

 

と言う事が、はっきりわかった瞬間の事を、

覚えているからです。

 

私には、3つ歳の離れた妹がいます。

私たち姉妹は保育園に通園しておりました。

物凄くお姉ちゃん子だった妹は、姉の私と違うクラスに

入っていかなければならない事、本当は保育園に行きたくないのに、

朝になったら、行かなくてはならない事・・・etc。

妹は保育園が大嫌いでした。

 

『読心力 ①』

 

そんな妹の手を引いて、毎朝登園していた夏のある日、

私と離れなければならない下駄箱の前に到着した瞬間、

妹はまた、いつもの様にしくしく泣き始めました。

 

しばらくして、妹の最年少クラス担当先生の一人が、

妹を下駄箱まで迎えに来ました。

「おはよう。今日もお姉ちゃんと来たんだね。さっ、先生と教室行こう」

 

するとその瞬間、妹は先ほどよりさらにもっと大きな声で泣き始めたのです。

 

と同時に、私は繋いでいた妹の手をさらに強く握りました。

先生が差し出してくれた手をつなごうとはしませんでした。

妹の手も、思わず隠してしまいました。

担任の先生が、ニコニコ笑って出迎えてくれている顔とは全く違う

担任の先生の感情がみえたのです。

 

『読心力 ①』

 

私たち姉妹は、母が迎えに来るまでの、

朝9時~夕方4時くらいまで保育園にいましたが、

年少クラスで過ごす妹の1日の出来事が一瞬にして、瞬時に

見えたのです。 妹は悲しい顔をしていました。

その担任の先生は、特に、妹にひどく、強く接していました。

とても怖い先生でした。私は妹がとてもかわいそうに思えて、

その先生の目をしっかり強く、瞬きもせずみつめてみました。

すると、先生の心の声をキャッチしてしまったのです。

 

それ以来、私はその先生がとても苦手でした。

このサイトを広める